開催の目的

東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所事故を契機として、放射線あるい は放射性物質の環境や人体への影響を懸念する声が高まっています。東日本大 震災から 10 年となる 2021 年に、我が国で初めて原子の火がともった茨城県 において開催する第 64 回大会では、「原点回帰:「はじまりの地」から放射線 影響研究の未来へ」をテーマとして、国内外の第一線の研究を行う会員が、放 射線科学全般にわたる研究成果を発表し、情報交換することにより、放射線影 響研究の進歩と発展をはかるとともに、国民の健康と福祉の増進に加え、日本 の放射線科学の発展と社会貢献に寄与することを目的とします。

PAGE TOP
MENU